株式会社アキムラ フライング・シー 一級建築士事務所

お問い合わせ・資料請求 077-584-3111 受付時間:AM9:00~PM5:00

BLOG ブログ

【大津の家】 外装工事

  • 2019年9月20日13:00

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

先日パトロールを行った【大津の家】では、外装工事が終盤を迎えています。

20190920(3).jpg
サイディング工事が完了し、端部のコーキングを施工中です。

足場のシートは、台風養生のため畳んだ状態になっています。

20190920(2).jpg
現場後方よりみた外観です。

軒がない外観なのでシャープな印象になっています。

コーキングが終わると外部の樋を施工して終了です。

足場もあと10日ほどで解体です。

内部も仕上がってきていますので、進捗は近日お伝えします。

お楽しみに!

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

【大津の家】 パトロール

  • 2019年9月19日13:00

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

こんにちは、残暑が厳しいですが、少しづつ秋の気配もしてきましたね。

「安全第一」という有名なスローガンにもあるように、

工事現場での安全確保は非常に重要です。

フライングシーでは、他のグループ会社と同様に、

秋村組の安全衛生室の福永氏によるパトロールを月一で実施しています。

今日はそんな現場パトロールの様子をお伝えします。

20190919 (2).JPGまずは、工程管理の状況と入場業者のチェックを行います。

フライングシーでは、現場に入る職人さんには、事前に健康状態などの書類を提出してもらい

安全指導室に許可された業者しか入場できません。

そういったチェックなども行います。

20190919 (3).JPG
次に工事現場のチェックを行います。

まずは内部の状況からです。

危険な場所がないか、今後危険になる可能性についても適切な指示が入ります。

また、衛生面、すなわち整理整頓の状況についてもチェックが入ります。

20190919 (4).JPG
続いて外部のチェックを行います。

主に仮設足場の安全がチェックされます。

落下災害は、大けがに直結するので厳しくチェックを行います。

20190919 (1).JPG
最後に採点が行われ、担当者の林に採点表が手渡されます。

是正の指示があるときは速やかに直すように指示が入ります。

こうして、月に一回専門部署によってチェックもしながら、

安全と品質を両立した工事を行っています。

次回は大工工事の続きをお伝えします。

お楽しみに!

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

【東近江の家】クロス工事

  • 2019年9月12日13:00

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

こんにちは、残暑が厳しいですが、少しづつ秋の気配もしてきましたね。

そんな中、【東近江の家】では、クロス工事が行われています。

201890911(1).jpg
写真はパテ処理といってクロスを貼る前の下地処理をしているところです。

IMG_8049.JPG
竣工後劣化しやすい角にはあらかじめコーナーテープという補強部材を施工してから

クロスを貼ってもらうように指示しています。

角が綺麗に仕上がっていると見栄えも違います。

仕上がった様子はまたお伝えします。

お楽しみに!

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

【大津の家】 電気設備工事

  • 2019年9月 9日13:00

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

こんにちは、九月になりましたね。

残暑もまだまだ厳しいですが【大津の家】では着々と工事が進んでいます。

今日は設備工事の進捗です。

20190902(2).jpg
設備というと衛生器具(便器、洗面器具)や電気器具(コンセント、照明器具)の2種類があります。

今回は電気設備の工事の様子です。

施工は数々の店舗建築でも実績のある、フクヤマ電設さんに依頼しています。

写真では壁にコンセント、ネット通信用のの電線やLAN配線が、

天井には照明器具用の電線が施工されています。

20190902(3).jpg
写真は天井に施工するダウンライト用の補強を行っているところです。

器具をつける際は天井に穴をあけます。

穴を開けても天井がたわんだりしないように、あらかじめ補強を入れています。

20190902(5).jpg
別の場所の補強の様子です。

クロスが貼り終わったあと、この電線の位置通りに照明器具やコンセントを施工していきます。

仕上がった壁や天井に照明器具を施工するので文字通り「一発勝負」の施工となります。

よって写真のような下地の段階で、入念に業者さんと打合せをして、ミスを防ぎます。

この後、天井の石膏ボードを貼っていきます。

次回は大工工事の様子をお伝えします。

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

【守山の家】左官工事

  • 2019年9月 5日13:00

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

こんにちは、暑さが少し柔らぐ日も出てきましたね。

そんな中【守山の家】では、内部の仕上げ工事の真っ最中です。

早速見てみましょう。

1 (1).JPG
仕上げの試し塗を行っている様子です。

大判のサンプルをを製作し最終確認を行います。

イメージ通りの施工に限りなく近づけるために

本番の施工に際しての留意点を職人さんと打合せをします。

KIMG1793.JPG
仕上げ用の小手です。

下塗りをした後、パターンをつけるために特殊な小手で仕上げていきます。

サンプルの出来栄えも上出来だったので、本番の施工に移っていきます。

KIMG1795.JPG
実際に塗るときは棚や窓枠などの障害物があっても、

一定のリズムでの施工が要求されるため、集中力を要します。

施工は打合せのかいあって順調に進んでいるので、出来上がりが楽しみです。

仕上がった様子はまたお伝えします。

~滋賀・京都の注文住宅 アキムラ フライング・シー一級建築士設計事務所~

最近のブログ New Entries

カテゴリ Category

月別アーカイブ Archive

PAGETOP